ブログ

風鈴

2021/07/22

梅雨の明け本格的な夏がやってきました。

この暑さは今年も酷暑ですね。

写真の風鈴は次男が娘の宿題に作っている風鈴に刺激されて作ったそうです。

風鈴に竹を組み合わせた吊り灯篭には家紋を入れてのこだわり!

店頭を通る人達がどこからの風鈴の音かと振り向いてくれます。

もう一点の写真は茶壷型に切り取った板に私の書いた「茶」の書体を焼き堀りして仕上げた作品です。

次男は好奇心旺盛で山田茶園に因んだ物作りを想像して楽しんでいるようです。

風鈴といえば先日テレビで風鈴についてクイズがありました。

問題【日本で風鈴はもともと何に使うものだった?】でした。

青;客寄せ  赤:厄除け  緑:子供をあやす

答え:赤:厄除けでした。

私どもの答えは:(青:客寄せ)になっているようです。

家内安全・商売繁盛・交通安全、風鈴の響きが安心を齎らせてくれているようです。

                                    令和3年盛夏

晴耕雨読

2021/07/11

晴れた日は得意先回り、雨の日はのんびりと店でお客様のご来店をお待ちしております。

新茶時期も終わり6月からは小休止に入った状態です。

今年は5月に梅雨入り7月になって連日 全国で大雨の被害が出ております。

土砂災害、堤防の決壊など年々大きくなってるように思われます。

災害に遭われた地域の皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

思えば、2013年4月 静岡県浜松 天竜地区で茶畑が崩落した災害がありました。

もう10日ほどで新茶を摘む収穫の時期、丹精に育てた茶樹が幅70mにわたって一瞬にして失った茶農家の方にはやるせない思いだったとことでしょう。

気象情報で線状降水帯で危険な状態を予報されておりますが、今まで聞きなれない用語ですが これは同じ場所で積乱雲が次々と発生して帯状に連なる現象で、数時間にわたり同じ場所に停滞し大雨をもたらすゲリラ豪雨のことだそうです。

ここ数年「空梅雨」の話は聞かなくなりましたね。梅雨は農作物にとっては必要な存在でもありますが、大雨になると農作物に甚大な被害が及ぼします。

もう2か月にわたっての長雨、湿度と気温の高い日が続いている毎日 憂鬱な気分になってまいります。

明日・天気になぁ~れ!

雨あがりの山田茶園

リニューアルオープン

2021/07/03

この度、山田茶園のホームページをリニューアルしました。

弊店をどうアピールするか、商品の選考、一押しのこだわり緑茶など等・・・ネット通販で山田茶園のお茶を知っていただけるか、同業者のHPを拝見しても取り扱い商品の多いこと!

気負い負けしそうになりました…

今年の2月にリニューアルの計画を立ち上げ、作製業者と打ち合わせを重ね 、制作担当のデザイナー、カメラマンの方々にお世話になりました。

撮影は流石プロ!着眼アングルが違います!

デザイン構成も着々と進んでおりましたが、 選考 、校正に試行錯誤の繰り返し、一応形として出来上がったものの、まだ挿入修正部分があるように思えて少し不安もありますが…

これから、ホームページも育てていきたいと思っています。

この度のホームページに携わって小生の長い歴史を鑑みた思いです。

山田茶園のキャッチフレーズ「お茶一筋」が正にホームページに乗っかった感じです。

馬齢を重ねて81年、これからもお茶一筋で頑張ってまいります。